人気の女性向け育毛剤比較ランキング » 【本気の薄毛対策】方法別メリットとデメリット » クリニックの薄毛治療

クリニックの薄毛治療

CMでもおなじみですが、薄毛の症状は病院で治療することも可能です。クリニックではどのような薄毛治療が行われているのか、治療内容や治療費用について調べてまとめてみました。

クリニックの薄毛治療とは

薄毛治療を行っている病院は、薄毛治療の専門クリニック、美容皮膚科、一般の皮膚科などがあります。行われている治療法は、主に以下の2つです。

AGA治療

AGAは男性ホルモンが毛母細胞の働きを妨げることにより発症する脱毛症ですが、ストレスや加齢により女性ホルモンが減少してしまった女性が発症することもあり、その場合はFAGAと呼ばれます。日本皮膚科学会により発毛促進効果が認められている成分ミノキシジルを中心とした投薬治療がメインです。男性の場合は、フィナステリドやプロペシアなどの成分を使用することもあります。併せて、髪の成長因子を毛根に直接注入するメソセラピーという治療を行います。

HARG治療

ヒト由来の成長因子と毛髪の成長に必要なビタミンなどをブレンドしたものを、注射やレーザーで注入する方法。症状によっても異なりますが、3~4週間に1回の通院を4~6回行います。

治療費の相場

クリニックで行う薄毛治療は自由診療になりますから、全額自己負担です。さらに、病院ごとに料金が違いますので、注意が必要です。以下に治療法別に治療費の相場をまとめてみました。

AGA治療

ミノキシジルなど投薬治療のみの場合は、1ヶ月20,000円~、育毛メソセラピー治療は、1回50,000円前後となる場合が多いようです。症状によって違いますが、月に1~2回の通院を半年以上続けます。

HARG治療

レーザーまたは注射による注入治療は1回で10,000円から150,000円程度かかります。3~4週間に1回の治療を、平均4~6回行います。

メリットとデメリット

AGA治療、HARG治療ともに、発毛や育毛の効果が比較的高い方法と言われています。AGA治療は、使用される薬剤の関係で特に男性に効果があるとされ、HARG治療は女性の薄毛にも一定の効果が得られる方法です。

ただし、どちらの治療法もまとまった治療費用が必要となります。特にHARG療法は、1クール行うのに100万円以上の治療費がかかることが予想されます。

また、メソセラピーやHARG治療を注射で行う場合は、多少の痛みを伴うことがあります。

薄毛治療が適している症状・適さない症状

AGA治療は、男性ホルモンが増えたり、男性ホルモンの働きを抑える女性ホルモンが減少したりすることによる脱毛や薄毛に効果を発揮します。抜け毛を抑える方法ですので、毛根がある程度残っている場合に、効果があると言えます。

HARG治療は、男性女性を問わず、頭皮の若返りや発毛を促す効果があります。

確かな育毛理論と愛用者の口コミで選んだ
本気の女性向け
育毛剤ランキングBest3はこちら