人気の女性向け育毛剤比較ランキング » 【本気の薄毛対策】方法別メリットとデメリット » クリニックの植毛治療

クリニックの植毛治療

病院で行われている薄毛治療の中には、頭皮や毛根を外科手術で移植する植毛治療もあります。

植毛治療の手術内容や治療費用、メリットとデメリットなどの情報をまとめて紹介しましょう。

クリニックの植毛治療とは

植毛治療は、専門クリニックや美容皮膚科などで行っています。

その名の通り、薄毛で気になる部分に毛髪を移植する治療法です。自分の頭皮の毛髪の多い部分から少ない部分へと髪を移植する自毛を使う方法と、人工毛を移植する方法があります。

自毛を使用する場合は、後頭部や側頭部などの毛髪が多い部分の皮膚を横長の短冊状に切り取って薄毛の部分に移植する方法、2~3本の毛束ごと毛根をくりぬいて1つずつ移植していく方法など、いくつかの手術方法があります。

治療費用の相場

自分の毛を移植する手術の場合、生え際のみの狭い範囲なら30~70万円前後、前頭部や頭頂部の広い範囲の手術になると、150万円前後の手術費用が必要になることもあるそうです。

メリットとデメリット

手っ取り早く髪の毛を増やせる点が最大のメリットです。医師が一人一人の体質や薄毛の症状を確認し、どのような治療法が適しているかを診断してから手術を行います。自分の毛を移植した場合、定着してしまえばアフターケアなども特に必要ありません。

ただし、手術費用が高額になることと、術後の副作用の可能性がある点はデメリット。手術後数日の間は、出血や痛み、吐き気、かゆみなどが出ることもありますし、麻酔の影響で額やまぶたが腫れたり、しゃっくりが出ることもあるそうです。また、感染症などにも注意が必要です。

植毛治療が適している症状・適さない症状

植毛は、症状が広範囲にわたっている場合や、すでに毛根が死んでいるなど症状がかなり進んでいる方に適している治療方法です。短期間でまとまって髪を増やしたい方にもおすすめです。

女性の薄毛治療なら、広範囲の植毛が必要ないケースがほとんどですので、毛束ごとにくりぬいて移植する手術法が適しています。

確かな育毛理論と愛用者の口コミで選んだ
本気の女性向け
育毛剤ランキングBest3はこちら