人気の女性向け育毛剤比較ランキング » それって本当!? 抜け毛予防対策NG集 » 高周波や低周波で刺激してはイケナイ

高周波や低周波で刺激してはイケナイ

高周波や低周波を照射することで頭皮に刺激を与えるケアについて、器具の特徴や頭皮に与える影響、問題点について解説します。

育毛に使われる高周波・低周波治療器具とは

高周波や低周波で刺激するのは薄毛によくないというイメージイラスト

発毛促進や育毛ケアの一環として、低周波や高周波が出る器具を使って育毛剤の浸透を促したり、毛根を刺激するケアを行っている育毛サロンがあります。それらの低周波・高周波が出る機械は、ホームケア用に市販されているものもあり、高額な値段で販売されていることが多いようです。

低周波を使った器具としてイメージしやすい代表的なものは、皮膚表面に貼ってビリビリとした刺激で筋肉をほぐす低周波マッサージ器が挙げられます。高周波の器具は、皮膚の下の組織にまで影響が及ぶので、皮下脂肪を壊す目的で痩身エステに使われたり医療用にクリニックで使われるものもあります。いずれにせよ、皮膚の表面から強い刺激を与えたり、皮下組織を破壊する目的で使用される器具です。

高周波や低周波が頭皮に与える影響

上記で説明したように、高周波や低周波の器具は人間の体に強い刺激を与えるために作られているものです。それに対して、頭皮は顔の皮膚の延長上にあり、いつも頭髪に覆われている敏感な部分。高周波や低周波の器具で刺激すると、過敏に反応してしまいます。

これらの器具によって肌の表面を傷つけてしまうだけではなく、皮膚のすぐ下の毛根や毛細血管など皮下組織にまで影響が及び、ジワジワと組織を壊して機能低下や変質を起こしてしまうのです。深刻な脱毛につながってしまうことは言うまでもありません。

育毛成分を浸透させすぎるのも問題

器具を使って頭皮を刺激し、育毛成分を必要以上に浸透させることにも問題があります。

元々頭皮には必要な栄養だけを取り込み不要なものは入れないバリア機能働いていて、外的な刺激から肌を守っているわけです。ですから育毛に効果があるとされている成分であっても、飽和状態であるところに無理やり押し込むのは逆効果。ましてや、本当に頭皮のために良いのかどうかも分からない成分が含まれる育毛剤などを器具で刺激しながら浸透させるのは、危険極まりない自傷行為。このことは、薄毛の悩みを持つ方が陥りがちな間違いですが、男女問わず注意しなければならないポイントです。

確かな育毛理論と愛用者の口コミで選んだ
本気の女性向け
育毛剤ランキングBest3はこちら