人気の女性向け育毛剤比較ランキング » あなたはどれ? 女性の薄毛 原因と対策 » 食生活の乱れ

食生活の乱れ

私たちの体は、自分が口にしたものを元に作られています。髪や爪などは、食生活の影響が目に見えて出やすい部分なのです。女性の薄毛や抜け毛の原因だけでなく、10代~20代の薄毛の原因ともなる食事の問題について、対策とともに考えてみましょう。

脂っこい食事やファーストフードが抜け毛の原因になる⁉

仕事や育児で忙しい女性は、自分の食事には手を抜いてしまうことが多いもの。
子供の食事はしっかり用意できても、自分は毎朝キッチンで立ち食いして済ませる…なんて人はいませんか?さらに、子供が喜ぶし自分もラクだからと、外食やお惣菜、レトルト食品などに頼ってしまうことも多いのではないでしょうか。

インスタント食品やファーストフードなどで大量に脂質を摂取すると、皮膚からも過剰に皮脂を分泌するようになります。多すぎる皮脂は毛穴を塞いだり、頭皮の肌荒れや炎症を引き起こします。これらのトラブルが、抜け毛の原因となってしまうのです。

最近は、欧米並みにお肉を食べる機会が増えていますし、油っこい食事が多くなっています。30代の方は子供の頃からファーストフードに親しんで育った人も多いことでしょうし、10代~20代の方は、赤ちゃんの頃からかもしれませんね。そういった動物性の脂質が多い食事は、髪や頭皮に悪影響を及ぼすと言われています。抜け毛で悩む女性や若者が増えている一因には、食生活の変化も大きく関わっているのです。

髪を育てるために必要な食べ物って?

では、頭皮を健やかに保って美しい髪を育てるために良いとされる食べ物は、どのようなものなのでしょう。“髪の毛を作り出して保つ”という観点から、必要な栄養素をピックアップしてみました。

タンパク質

髪の毛を構成している成分の90%以上は、アミノ酸が結合して作られたケラチンというタンパク質です。原料が不足していては髪を作り出すことができないわけですから、質の良いタンパク質をたくさん摂取することが必要です。

白身魚や鶏肉、卵、納豆や豆腐などの大豆製品、チーズや牛乳などの乳製品などには、質の良いタンパク質が含まれていると言われています。

鉄分などのミネラル

鉄分は髪に栄養を運ぶとされていて、不足すると髪が細くなったりパサパサしてしまうことも。レバーやヒジキ、ほうれん草などに多く含まれますが、鉄分の吸収をサポートするビタミンCと一緒に摂取するのが効果的です。

亜鉛

発毛や育毛に必要な成分といわれる亜鉛。毛母細胞の分裂や再生を促進したり、髪の毛のキューティクルを作るために使われる栄養素です。ピーナッツやアーモンドなどのナッツ類やゴマ、海苔、イワシなどの多く含まれているそう。亜鉛も、ビタミンCと一緒に摂取するといいそうです。

バランスを考えた食生活が最も効果的な薄毛対策

いくら育毛に良いとされていても、タンパク質や亜鉛だけを大量に摂取したからといって、必ずしも髪の毛が増えるというわけではありません。何よりも大切なのは、栄養バランスの良い食事を摂ること。魚、肉、野菜、豆、海藻などをバランスよく、まんべんなく摂取することが、健康な身体を保ち、美しい髪をキープするための一番の秘訣です。

こうして考えてみると、日本人が古くから食べてきた和食は、体のためにも、髪の毛にとっても、ベストな食事であることが分かります。

忙しい生活の中でもできるだけ工夫して、バランスのよい食生活を心がけることが、薄毛や脱毛の悩みを改善するための近道と考えましょう。

確かな育毛理論と愛用者の口コミで選んだ
本気の女性向け
育毛剤ランキングBest3はこちら