人気の女性向け育毛剤比較ランキング » あなたはどれ? 女性の薄毛 原因と対策 » ストレス

ストレス

男性にとっても女性にとっても、精神的なストレスや肉体的なストレスが薄毛や脱毛の原因となります。ストレスによって引き起こされる、薄毛や抜け毛などの髪トラブルについて、詳しく解説していきましょう。

30代・40代女性の薄毛は精神的なストレスの影響が大きい!?

30代や40代で抜け毛の多さや薄毛で悩む女性が増えているそうです。元来、加齢による脱毛が起こることは女性にもありますが、30代や40代ではそれほど頻発することではありません。そのため、現代の女性が悩んでいる薄毛は、精神的なストレスが一因ではないかと考えられています。

確かに、30代後半や40代になると女性ホルモンの分泌が低下し始めるので、加齢が脱毛の原因であるとも言えます。しかし、問題なのは、ホルモン分泌量の変化と同時に精神的なストレスが加わることで、薄毛や脱毛が加速してしまうことです。

30代や40代の女性は、家事と育児、さらに仕事まで同時にこなしている方も多く、精神的にも肉体的にもストレスやプレッシャーを感じる毎日を過ごしています。このような状態では、自律神経やホルモンバランスを乱してしまうことも多くなるでしょう。プレ更年期と呼ばれるような症状が出てしまうこともありますね。

また、長い期間ストレスを感じ続けると、体の緊張状態がとけずに血管が収縮して、血流が低下することもあります。血行が悪くなることによって肩こりや頭痛が起こったり、うつ症状が出たりすることはよく知られていますが、頭皮の毛細血管への血流が低下すると、毛母細胞の活動が弱まり、薄毛のトラブルが発生してしまうのです。

パーマやカラーリングなどの外的ストレスによる髪トラブルも

最近は、女性だけでなく男性であっても、髪型のオシャレを楽しむことが当たり前となっています。20代や30代の若い世代の男女で、パーマやカラーリングなどを“一度も経験したことがない”という人は探し出すのが難しいほどです。髪型や髪色を変えることで、手っ取り早くイメージチェンジすることができますし、美容院に行くことがストレス発散になる人も、中にはいるかもしれませんね。

しかし、パーマやカラーリングは髪と頭皮にしてみれば重大なストレス。パーマ液やカラーリングに使われる薬剤の多くは、アルカリ性のものを使用していて、頭皮に残ったままになると炎症を起こしてしまうこともあります。髪の毛を作り出す毛母細胞の働きを妨げて、髪の生え代わりのサイクルを乱してしまうこともあるそうです。

若くして薄毛に悩んでしまう方の中には、特に髪のスタイリングに気を使っているオシャレさんが多いという皮肉な現実がそこにあります。

紫外線や喫煙も薄毛の原因となるストレスのひとつ

髪の毛や頭皮は、人間の体の中で最も紫外線の影響を受けやすい部分。紫外線を浴びた頭皮は、顔などの皮膚と同じようにシミやシワができたりして、老化が早まってしまいます。当然のことながら、頭皮が老化すると毛根も弱ってしまいますから、薄毛や抜け毛の原因となってしまうわけですね。

さらに、喫煙も薄毛や脱毛の原因となると言われています。タバコを吸うと、血流が阻害されて頭皮の毛細血管まで栄養が供給されにくくなることはもちろん、体の細胞を酸化させる活性酸素が発生して、老化をどんどん早めてしまいます。加えて、男性の薄毛を引き起こすとされる男性ホルモン・ジヒドロテストステロンの分泌を促してしまうそう。喫煙は、私たちの健康を損なうだけでなく、毛髪にとっても“百害あって一利なし”なのです。

できることからストレス解消

"精神的なストレスを解消しましょう!"と言われても、すぐに解消できる人は多くはありませんが、紫外線対策くらいなら誰でもできることですし、薄毛対策以外のメリットもあるので、ぜひ実行しましょう。

禁煙に関しては、"それがかえってストレスに…"という人もいるかもしれませんが、やはりメリットが大きいので、ぜひこの機会におすすめします。

そして、直接的に頭皮のストレスを減らす方法として、良質な育毛シャンプーと育毛剤があります。育毛理論がしっかりしたメーカーの製品であれば、頭皮や毛母細胞にかかる直接的なストレスを解消して、薄毛をきっと改善してくれるでしょう。

確かな育毛理論と愛用者の口コミで選んだ
本気の女性向け
育毛剤ランキングBest3はこちら