人気の女性向け育毛剤比較ランキング » あなたはどれ? 女性の薄毛 原因と対策 » シャンプー方法の間違い

シャンプー方法の間違い

毎日のシャンプーは、女性も男性も、頭皮の余分な皮脂や汚れを落とすヘアケアの基本。何となくゴシゴシ洗ってしまっている人も多いかもしれませんが、実は30代・40代・50代の薄毛の原因ともなり得る大きなNGポイントが潜んでいるのです。健康な頭皮や髪を育てる正しいシャンプー法について解説します。

洗浄力の強いシャンプーはNG

薄毛や脱毛を気にしている人の中には、皮脂の分泌量の多さが原因と考えて、洗浄力の強いシャンプーや、スッキリ爽快に洗い上げる商品を選んでしまう人が多いようです。

確かに、過剰な皮脂は汚れとなって毛穴の詰まりや頭皮の炎症を起こしてしまう可能性がありますし、見た目にもベタベタしていて気持ちが悪いもの。しっかり洗い流す方が育毛のためにも良いと考えてしまうのは当然のことでしょう。

しかし、洗浄力の強いシャンプーで洗うことが、かえって逆効果となってしまうことがあるのです。

皮脂は元々、頭皮を保護する膜のような役割を果たしており、強いシャンプーで無理に洗いすぎると、頭皮自身が『早く保護しなければ!』と過剰に皮脂を分泌してしまうことになるというのです。その結果、皮脂を洗い流そうとすればするほど分泌量が多くなってしまう、という悪循環に陥ってしまいます。

殺菌効果のあるシャンプーも、頭皮を守っている常在菌の力を弱めて雑菌が繁殖する原因となるので、絶対に使用してはいけません。

長時間ゴシゴシ洗いすぎるのはNG

シャンプーの洗浄力の強さと同様に、洗う時間や力の強さなどにも気をつけましょう。

汚れが落ちた後も長時間洗い続けていると、シャンプー剤が頭皮を刺激して傷つけてしまい、肌荒れや炎症の原因となってしまいます。

さらに、ブラシなどでゴシゴシこすったり、爪を立てて洗うことも、頭皮の角質を剥がしてかゆみやフケが出てしまう原因に。毎日のシャンプーによる刺激が抜け毛を生み、これが長年続くことで薄毛や脱毛へと進行してしまうのです。

30秒のこすり洗いが健康な頭皮と美しい髪を作る

抜け毛や脱毛の原因となるNGなシャンプー方法について解説してきたところで、正しいシャンプー方法について紹介しましょう。

シャンプーの基本は、肌に優しいものを選び、適度な力でサッと汚れを落とすこと。フェイスケアと同じだと考えれば分かりやすいですね。

頭皮臭を気にして、1日に朝晩2回のシャンプーをする人もいるようですが、シャンプーは1日1回を守りましょう。

頭皮全体をもみほぐすようにしながら、指の腹でこすって洗います。洗浄時間は長くても30秒程度にしておきましょう。

重要なのは、シャンプーとコンディショナーを必ずセットで使うこと。シャンプーで皮脂を洗い落とした後の頭皮にとって、コンディショナーが保護膜のような役割を果たし、皮脂が過剰に分泌されるのを防いでくれるのです。ただし、コンディショナーについても、頭皮の負担とならない優しいものを選ぶのが鉄則です。

確かな育毛理論と愛用者の口コミで選んだ
本気の女性向け
育毛剤ランキングBest3はこちら