人気の女性向け育毛剤比較ランキング » あなたはどれ? 女性の薄毛 原因と対策 » 加齢

加齢

年齢を重ねるごとに毛髪が減ってしまう薄毛の悩みは、男性も女性も共通です。40代・50代・60代それぞれの加齢が毛髪の生え変わりサイクルに与える影響について、その原因と仕組みを解説します。

女性の加齢による薄毛のメカニズム

30代後半や40代になると、徐々に女性ホルモンの分泌量が減ってくると言われています。特に、髪の成長に関与するエストロゲンというホルモンの分泌量が減ると、髪の成長期が短くなるのだそうです。すると、一本一本がしっかりとした太い毛に成長する前に抜けてしまい、抜け毛の数が増えてしまいます。

さらに、毛髪の生え変わりサイクルの中でも“休止期”と呼ばれている、古い毛が抜けてから新しい毛が生えてくるまでの期間が長くなるので、全体的な髪の量が減ったように感じてしまうのです。

50代以降の女性には更年期障害の影響も

50代を迎える頃になると、女性ホルモンの分泌量はさらに減少します。動悸や息切れ、のぼせやイライラなどが起こる、いわゆる“更年期”特有の症状が出始める人もいますね。

毛髪に関しても成長期が短くなるので、抜け毛がさらに多くなり、一本一本にコシがなくなってしまいます。多くの人が髪のボリュームで悩み始めるのは、50代を過ぎ60代を迎える頃からです。

また、長年パーマやカラーを繰り返している人は、そのダメージが頭皮に蓄積されてきて、炎症やかゆみなどが生じてしまうこともあります。皮脂の分泌も低下するので、頭皮が乾燥して抜け毛の原因となってしまうこともあるようです。

男性の加齢による薄毛のメカニズム

日本人男性の薄毛の約30%は男性型脱毛症と言われ、この症状に限っては遺伝的な要素が大きいとされています。ただし、親や親戚に薄毛の人が多いからと言って、自分も必ず薄毛になってしまうというわけではありません。そこには、加齢やストレスなどの他の要因も考えられるからです。

20代や30代で薄毛が起こってしまう人は、男性ホルモンのバランスが崩れて毛母細胞が上手く働かないことが原因となっている場合が多く、生活習慣を見直したりストレスを和らげることで改善につながることがあります。また、若い人の薄毛には遺伝的な薄毛の割合が高いとも言われています。

しかし、40代や50代になると、加齢によるヘアサイクルの老化が原因の薄毛が増えます。毛髪を作り出す細胞自体の働きが鈍り、髪の成長期が短くなってしまうのです。毛の一本一本が細く短くなり、髪のボリュームが少なくなってきます。

さらに、60代以降になってくると、髪の毛のみならず体全体の毛が薄くなる老化現象が起こります。

加齢による薄毛を少しでも食い止めるためにできること

加齢によるホルモンバランスの変化が薄毛の原因なら、「え?ホルモン治療とかをしなければ改善しないの?」と思いがちですが、そうではありません。毛周期の乱れを正すことで、女性でも男性でも、薄毛を改善することが可能です。

そして、それを実現するには、頭皮の健康を取り戻すことができる育毛剤ケアが効果的です。
ただし、ここで注意が必要なのは、育毛剤選びと育毛ケアの方法です。頭皮を刺激して、弱った毛母細胞をより傷つけることのないよう、気を付けましょう。

確かな育毛理論と愛用者の口コミで選んだ
本気の女性向け
育毛剤ランキングBest3はこちら