人気の女性向け育毛剤比較ランキング » あなたはどれ? 女性の薄毛 原因と対策 » 間違った抜け毛予防

間違った抜け毛予防

市販の育毛剤を使ったケアには、大きな間違いが潜んでいることがあります。一般的なイメージによって陥りがちな抜け毛予防のNGケアについて解説してみたいと思います。

市販されている育毛剤がすべていいとは限らない

分け目や頭頂部の薄さなどの髪の悩みは、誰にも相談できずに自分1人で抱えてしまう人も多いことでしょう。最近は、育毛剤や育毛シャンプーがドラッグストアでも市販されていますし、ネット通販で簡単に手に入れることができます。誰にも知られずにケアしたいと、それらの育毛剤をいくつも買い込んで試している、という人も少なくありません。

市販の育毛剤は、毛根や頭皮に有効であるとされる成分をいくつか組み合わせて配合しているものがほとんど。しかし、それらのすべてが髪や頭皮に効果的なものばかりであるとは言い切れません。

試したことのある方なら一度は感じたことがあるかもしれませんが、市販の育毛剤の一部は、使用した後に頭皮がベタつくような使用感のものがあります。頭皮がベタベタするようなものや、頭皮に残ってしまうような育毛剤は、肌にとってかなり負担の大きいもの。頭皮に栄養として吸収されることはなく、毛髪のターンオーバーを妨げてしまったり、毛根を傷めて抜け毛の原因となってしまうこともあるのです。

いくら育毛や発毛を謳っている商品であっても、使用することで頭皮にダメージを与えてしまうものが育毛に効果的であるはずがありません。

こすったり叩いたりするのは頭皮を傷つけるだけ

頭皮をゴシゴシ洗うブラシや、ポンポンと叩いてなじませる育毛剤などを使用したことはありませんか?いつの間にか、抜け毛予防や発毛促進ケアと言うと、マッサージやブラシで頭皮を刺激するもの、というイメージができあがっています。これは、育毛剤メーカーが提唱してきたケア方法なのですが、頭皮を健康に保つという観点からするとNGなケアと言わざるを得ません。

ブラシなどで頭皮を叩いてしまうと、頭皮の表面を傷つけるだけでなく、毛細血管などを含む皮下組織まで破壊してしまうことに。当然ですが育毛には逆効果です。さらに、指で強くマッサージするのも同様に、皮膚が過剰に皮脂を分泌したり、頭皮が硬くなってしまう原因になります。

頭皮のケアに強い刺激はNG。育毛剤などを使うときは、頭皮に馴染ませるだけにとどめて置き、激しいマッサージなどは行わないようにしましょう。

サプリの過剰摂取が脱毛を招く

髪を育てる栄養素を配合したサプリを飲んで『体の中から育毛しよう!』と考えている人も、残念ながらNGです。

摂取した余分なサプリメント成分が頭皮に蓄積されると、毛を作り出す毛母細胞を不必要に刺激してしまいます。毛母細胞はすぐに弱ってしまって、新しい毛を作り出すことができなくなったり、毛を育てることができなくなるので、脱毛へと進行してしまうことがあるのです。サプリメントに頼り過ぎると、体に大きな負担をかけてしまうことを常に意識しておきましょう。

確かな育毛理論と愛用者の口コミで選んだ
本気の女性向け
育毛剤ランキングBest3はこちら